3点ユニットのバス、トレイ分離にかかるリフォーム費用はいくら!?

コラム, リフォーム・リノベーション施工事例

分離に伴う工事内容

・既存ユニットバス解体、廃材処分費
・シャワーユニットバス
・トイレ片開き戸(錠付き)
・トイレ(温水便座付き)
・トイレ天井ダウンライト×1個
・温水洗浄便座コンセント×1箇所
・ペーパーフォルダー×1個
・タオル掛け×1個
・間仕切り壁造作の大工工事
・分離工事に伴う給排水設備工事
・分離工事に伴う電気工事

3点ユニット→「シャワーユニット」「トイレ」分離の工事費

合計 60万円(税別)

※イメチェンのオプション価格です。

3点ユニット(バス、トイレ同じ)分離リフォーム解説

単身向け賃貸のアパートやマンションに多い、3点ユニットを分離し、それぞれ独立した空間にするリフォーム費用についてご紹介致します。

多くの入居希望者は3点ユニットを嫌い人気がありません。

3点ユニットの物件を所有し、空室の長期化で頭を抱えいる賃貸オーナー様も多いのではないでしょうか。

もともと3点ユニットが設置されている物件は20㎡前後の狭いお部屋が多いので、細かい採寸を行い施工できるのか確認が必要です。

現状のレイアウトによってプランや費用も変わってきますので、ここでは実際施工したお部屋の事例をもとに解説させて頂きます。

≪1988年5月竣工(築30年)木造2階建てアパートの場合≫

間取り (Before After)

3点ユニットのトイレ分離工事をする際、「シャワーユニット」を入れるか「ユニットバス」を入れるかで工事費用は大きく変わってきます。

ユニットバスの方が単価は上がりますし、既存壁やキッチン等に影響が出る事が多い為工事費を安く抑えたいのなら「シャワーユニット」がおススメです。

今回工事を請け負ったお部屋は18㎡のワンルームの為、「シャワーユニット」という選択しかありませんでした。

3点ユニットバスを「シャワーユニット」「トイレ」に独立した場合の扉位置

トイレ分離工事を行う場合、トイレとシャワーユニットの扉位置も色んなパターンが考えられます。

トイレとシャワーユニットの左右逆はあるとして、大きく分類すると上記3パターンが考えられます。

A・・・トイレとシャワーユニットの入口が別々。

B、C・・・トイレに一旦入り、シャワーユニットの入口がある。

トイレを通ってシャワーを浴びたいという方は多くないと思いますので、可能であればAがおススメです。

今回の施工したお部屋では、3点ユニット側面に洗濯機置場がある為、Bでの施工になりました。

3点ユニットバス分離工事の注意点

➀ 物理的に施工可能か。

冒頭にもお伝えした通り既存のお部屋の状況により物理的に施工可能がどうかしっかり調査する必要があります。

シャワーユニットのサイズにも「0808」「0810」「0812」があり、既存の3点ユニットバスのサイズによって適しているサイズが異なります。

リフォームは解体して想定外の状況が起こる事があります。経験豊富なスタッフによるしっかりとした現場調査が必要不可欠です。

② トイレを分離する事で入居が決まるのか。

高額な投資をしても入居が決まらなければ意味がありません。

事前に「シャワーユニット」のニーズがあるエリアなのか、どのくらいの家賃が取れるのかしっかりとしたマーケティング調査を元に募集条件の設定を行う必要があります。

近隣の類似物件や競合となりえる物件をリストアップし、必ず入居を決めると判断した後に請負契約を行う事が大切です。

➂ 費用対効果がある投資なのか。

今後の賃貸経営をどうして行きたいのか、リフォーム費用に対し費用対効果が見込めるのか判断する必要があります。

工事費があまりにも高額であれば、分離せず家賃を下げて入居を決めた方が良いケースもあります。

いずれ売却を検討している方であれば、家賃アップ額と売却時の想定利回りを元にどのくらいの売却益を見込めるかの計算も行う必要があります。

ご自分での判断がつかない場合は一度プロに相談するのも良いかと思います。

3点ユニット(風呂・トイレ同じ)分離リフォーム事例「トイレ」「シャワーユニット」

モニター募集

施工協力店募集

FC加盟店募集