バランス釜から給湯器へ交換するリフォームの注意点とは?

リフォーム・リノベーションの教科書

築年数が古いアパートやマンションには、バランス釜が設置されているお部屋があります。

20代や30代の方には、使用したことがないという方も多いと言われていて、不人気設備にもなっています。

そのため、バランス釜から給湯器へ変更を検討されているオーナー様も多くおられます。

給湯器へ変更する際の注意点について、ご紹介していきます。

バランス釜と給湯器について


バランス釜と給湯器について、ご説明します。

バランス釜とは
バランス型風呂釜の略称で、給排気機能を採用したガス風呂釜になります。
室外の空気を取り入れガスを燃焼しお湯を温め、使われた空気は排気口から外へ排出されます。
浴槽の隣に横並びで設置されており、電池式になります。

メリット
・追い焚きができる
・電池式のため停電時も利用可能

デメリット
・水圧が弱い
・お湯が冷めやすい
・浴槽が狭い

 

給湯器とは
水をガスなどの燃料を使って温め、お湯を供給する住宅設備機器で、湯沸かし器や温水器とも呼ばれます。

メリット
・水圧が安定している
・機種や機能が豊富
・広い浴槽が設置できる

デメリット
・寿命が1015年程度
・扱う燃料によっては燃料費が高い

バランス釜と給湯器、それぞれ特徴がありますが、現在新築マンションなど一般的に常設されているのは給湯器になります。

お風呂は毎日使う場所でもありますので、使いやすさや機能面を考えると、現在バランス釜が設置されているお部屋であれば給湯器へ交換することをお薦めします。

給湯器へ変更する際の注意点


① 給湯器を設置する場所を確認する

給湯器が設置できる場所は、大きく分けて4つあります。

・共用通路
・浴室
・お部屋の中
・バルコニー

この中で、設置できる場所がどこになるかを確認します。

物理的に設置できる場所がいくつかある場合でも、設置する場所によっては給湯器の形状が変わってきます。

形状が変わってくると、給湯器そのもののお値段もタイプによって変わります。

バルコニーに設置出来るようなタイプであれば、78万円程度になりますし、浴室に設置するようなタイプであれば20万円程度のモノが一般的になります。

設置する場所によって、形状やお値段が変わってくることは把握しておきましょう。

② 給湯器から各水回りまでの距離考える

給湯器から各水回りまでの距離は重要になってきます。

給湯器から給水口までの距離が長いと、以下のようなデメリットがあります。

・工事費用が高くなる
・水からお湯への切替りに時間がかかる

給湯器の設置場所がいくつか選択出来る場合は、給水口までの距離が短い方が工事費用を安く抑えられる可能性があります。

また水からお湯への切替りに時間がかかってしまうと、入居者への満足度に影響が出てしまいます。

どこに設置すれば住みやすく使いやすいかという点で考えることも大切です。

まとめ


バランス釜から給湯器へ変更される場合は、設置場所によって、給湯器そのモノの値段や工事費用、入居者の使い勝手にも影響が出てきます。

業者へも相談しながら、注意点には気をつけるようにしましょう。

 

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。



お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集

【無料】イメチェンパンフレット配布中

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ賃貸に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です

ダウンロード

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集