何が違うの??「リフォーム」「リノベーション」「コンバージョン」とは!?

空室改善コラム

リフォームやリノベーションという言葉をよく見かけるようになってきましたが、よくある質問として「リフォームとリノベーションの違いは何?」というのがあります。

この違いについては、業界でも様々な考え方があり、正確な定義は特にありません。

各業者の方々の解釈で使われているのが現状です。

賃貸経営の空室改善を提案しているココテラスが考えるリフォームとリノベーションの違いについて紹介していきます。

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとは

リフォームとは、新築時の価値に戻すことの意味をさします。

時間の経過とともに、新築時から比べると内装も外装も含めて古くなっていきます。

例えば

内装や外装の色が変わってきたり、設備が古くなってきたり壊れたり、建物自体も古くなってきます。

このように老朽化してきた箇所について、原状回復をしていくことをリフォームと呼んでいます。

・クロスを張り替える

・ルームクリーニングをする

・古くなったキッチン、トイレを交換する

リフォームは、このような今ある現状を綺麗に元の状態に戻す工事を指していて、これらの工事をする事で、新築時の価値に戻すことができます。

リノベーションとは

リノベーションとは、新築時の価値より物件の価値を上げることの意味をさします。

リノベーションは、リフォームと違って現状の形にこだわらずに、新たに住む入居者の暮らしに合わせた新しい空間を創る工事のことをリノベーションと呼んでいます。

・2DKの間取りの物件を1LDKに変更する

・公団型のブロックキッチンをシステムキッチンに入れ替える

・押入れを解体してウォークインクローゼットをつくる

など、今の入居者の生活スタイルに合わせた工事をすることで、元の物件よりも価値は上がることになります。

業界では、コンバージョンという言葉でも表現されています。

コンバージョンとは、用途変更という意味です。

例えば「オフィスとしていたものを住居として使いたい」や「倉庫として使っていた空間を住居として貸したい」などをコンバージョンするというように表現します。

コンバージョンとは

既存の建物を再利用し用途を変更する事をコンバージョンと言います。

例1)オフィスを住居に変更

例2)社宅・寮をサービス付き高齢者専用住宅に変更

例3)銭湯をデイサービス施設に変更

まとめ

賃貸経営でお金をかけて工事をするというのは流行ってはきていますが、賃貸の場合は、お金をかければいいという訳でもありません。

お金を投資するのは賃貸オーナーで住むのは入居者です。

工事費用は入居者からの家賃で回収しなければ経営として成り立ちません。

空室が長期化したお部屋に対してお金をかける場合、リフォームやリノベーションをするかどうかというのは物件の立地や構造、耐用年数、近隣の類似物件と比べて対象の物件がどうなのかを、しっかりと調査することでその物件に必要な工事内容も変わってきます。

リフォームとリノベーションの意味合いを理解した上で、物件に対する工事を考えてみることで費用対効果の高い対策が出来ます。

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。


お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集
プロに相談してみませんか?

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ賃貸に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です。

【無料】簡単見積もり依頼

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集