【お風呂のリフォーム】追い炊き工事の2つの注意点

空室改善コラム

賃貸住宅には、単身者向けとファミリー向け物件とがありますが、ファミリー向け物件の人気設備に「追い炊き機能」があります。

ご家族で生活するうえで、お風呂は毎日の生活習慣にはかかせないものでもありますので、追い炊き機能の有無によっては、入居の決まりやすさも変わってきます。

そのため、後付けで追い炊き機能をつけることを検討されているオーナー様も多くいらっしゃいますが、今回は追い炊き工事の注意点についてご紹介していきます。

追い炊き工事の2つの注意点とは


ファミリー向け物件の人気設備に「追い炊き機能」がありますが、この追い炊き機能を後付けで取付けることを検討されているオーナー様もいらっしゃると思いますが、どんな物件でも工事ができるとは限りません。

追い炊き機能を後付け出来ない賃貸アパートやマンションもあります。

追い炊き機能の取付が可能かどうかは、工事の内容によって変わってきますので2つの注意点についてご紹介します。

注意事項①
追い炊き用の給湯器と追い炊きなしの給湯器では、種類が異なります

既存のお部屋に給湯器があっても、追い炊き機能を後から取り付けたいという場合は、追い炊き専用の給湯器が必要になります。

仮に既存の給湯器が新しく、まだまだ利用できるものであったとしても追い炊きの機能を付け足したい場合には、給湯器そのものを変える必要があります。

給湯器にも種類が沢山あり、給湯器の燃料として、ガス・電気・石油をそれぞれ燃料として使用する給湯器があります。

それぞれに特徴はありますが、一般的にはガスを燃料とした給湯器がマンションなどでも多く採用されています。

既存の設備に合った形の追い炊き専用給湯器へ変更する必要があることを、把握しておきましょう。

 

注意事項②
追い炊き用の配管工事が必要になります

追い炊き機能を取付ける際には、追い炊き用の配管工事が必要になってきます。

給湯器が既に取り付けてある場合は、お風呂と給湯器の間には給湯管が通っていますが、追い炊き機能付きの給湯器の場合、給湯器にお湯を戻す給湯管が新たに必要です。

この際、物理的に配管工事が可能かのチェックが重要となります!

お風呂を解体して、ユニットバスを入れ替えるような大規模な工事をする場合であれば、このような配管工事も問題なく行える可能性は高いです。

一方で、既存のお風呂はそのままで、後付けで追い炊き機能を取付ける工事を行う場合は、配管工事が出来ないことがあります。

そのため、浴室全体のリフォームを行うなど大きなリフォームやリノベーションを行うタイミングにあわせて追い炊き機能を後付けで取付けるという方もいらっしゃいます。

浴室全体のリフォームをするタイミングであれば、ユニットバスの交換や床の張り替えなども行うことになりますので、給湯管を浴室へ繋げる工事も一緒にすることも可能です。

このように、配管工事が可能かのチェックが必要になることも理解しておきましょう。

 

まとめ


ファミリー向け物件の人気設備となっている「追い炊き機能」の取付は、入居を決めるうえでも重要な設備の1つとなっています。

後付けで導入を検討される方も多いと思いますので、事前に注意点を理解したうえで導入の検討を進めていただければと思います。

YouTubeチャンネルの方でも、紹介しておりますので合わせてご覧ください。

また、チャンネル登録もよろしくお願いします。

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。


お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集

【無料】イメチェンパンフレット配布中

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ賃貸に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です

ダウンロード

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集