【不動産投資のリフォーム】入居者から嫌がられる梁を活かしたリフォーム術

所有されている物件に、お部屋に梁があるお部屋と無いお部屋があります。

梁は建物を支えている骨組みの1つで、通常は屋根裏など表からは見えない創りになっていることも多いですが、お部屋によっては大きな梁が出ていて天井やお部屋の角に梁が出ているケースもあります。

特に気にされない方もおられますが、人によっては梁がないお部屋の方がいいとされる方もいらっしゃいます。

梁があるお部屋をお持ちのオーナー様に、梁のあるお部屋をネガティブではなくポジティブな印象に変える方法をご紹介します。

YouTubeチャンネルでは、実際のお部屋の梁を紹介しながらご説明しておりますので是非あわせてご覧ください。

梁のあるお部屋をリフォームする際のポイントとは

お部屋には、梁があるお部屋とないお部屋とが存在します。

梁とは

建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材といわれています。

梁があるとお部屋の中に凹凸ができて、嫌う方もおられます。

太い柱や梁が室内に出てきてしまうと、照明の位置によっては暗く感じる箇所も出てきます。

また、家具の配置等をそれに合わせて考えないといけません。

お部屋のインテリア等を考えると、柱が邪魔と感じてしまうケースもあります。

一方で、戸建などでは梁をわざと見せて、おしゃれな空間に仕上げているようなお部屋も最近では増えてきました。

住宅に限らず、カフェや雑貨などの店舗においても、天井をあえて作らずに配管などを剥き出しにして、ライトなどの配置もこだわって取り付けることで雰囲気づくりをされているケースも見かけるようになりました。

建物の構造をそのまま活かすことで、見え方をポジティブに受け入れてもらう形が増えてきています。

賃貸経営においても、物件のリフォームやリノベーションをする際に、梁を活かすことでお部屋の印象が変わります。

動画でご紹介しているような、お部屋に大きな梁がある場合には、敢えて梁を活かすリフォームを試してみることをおすすめします。

動画では、アクセントクロスを使用したケースをご紹介しています。

アクセントクロスは、ルノンの木目柄のものを使用をしていますが、作りがとてもリアルでパッと見た感じの印象も明るく変わってきます。

ただ単に、梁がお部屋にあるだけでは、圧迫感を感じてしまうなどの印象もありますが、梁も含めてお部屋の特徴を活かしたデザインづくりを行うことで、印象が変わります。

まとめ

物件によっては、大きな梁があるお部屋をお持ちのオーナー様もいらっしゃるかもしれません。

お部屋の特徴を活かす形でリフォームをすることで、お部屋の印象もガラリと変わります。

ココテラスでは、このようなマイナスポイントをプラスに活かすようなリフォームを得意としています。是非、ご相談いただければと思います。

1㎡1万円の定額制リフォーム「イメチェン」

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事ができる一般住宅、賃貸物件向けの定額制のリフォームブランドを全国23店舗で展開しています。

施工エリアの確認も大歓迎

リフォーム事例満載のパンフレット配布中!

「イメチェン」とは1㎡×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。パンフレット配布中!

まずはご相談下さい!

定額性リフォーム「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ物件に生まれ変わるリフォーム商品です