和室を洋室にリノベーション!気になる費用や洋室でも使える襖をご紹介

近年、特に賃貸住宅において、”和室”があるお部屋は入居者が決まりづらく不人気だ、と言われています。

「和室を洋室にすれば入居者にとってどのようなメリットがあるのか」

「リノベーションコストが気になるときはどうすれば?」

など、物件保有されているオーナー様の疑問を解消すべく、和室を洋室にリフォームした時のメリットや費用、その他費用を抑えるアイテムなどご紹介させていただきます。

1㎡1万円の定額制リフォーム「イメチェン」

リフォーム前
リフォーム後

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事ができる一般住宅、賃貸物件向けの定額制のリフォームブランドを全国33店舗で展開しています。

まずはリフォームのプロに相談しませんか?

リフォーム事例満載のパンフレット配布中!

「イメチェン」とは1㎡×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。パンフレット配布中!

近年洋室が好まれるのはなぜ?和室にメリットはなくなった?

和室リフォーム_襖

まず、洋室が人気になり和室が減っている理由について整理してみます。

大きな理由としては、ライフスタイルの変化に伴い、和室より洋室の方が便利に感じる方が増えているから。

「畳の上で生活した経験がない」という若い世代の方もいらっしゃいます。

長年、日本における住まいの土台であった「和室」。

下記のように畳を敷いた和室にはいくつもメリットがあるのですが、次項で触れる和室のデメリットと比較すると、「和室より洋室の方が使いやすい」と思われてしまうのです。

  • 足音が気にならない
  • 調湿効果がある
  • すぐに横になれる
  • 小さな子どもが転倒しても衝撃が少ない

また、和室のメリットは洋室でも再現できます。

フローリングの上に直接置ける「置き畳」などのお手軽アイテムがあり、洋室であっても畳を敷いて和室のように使用可能。

子どもの遊びスペースのみ置き畳を敷いておく、リビングの一角に畳を敷いてくつろげる空間にしておくなど、置き畳をうまく使えば洋室に和室の良さを取り入れることができます。

賃貸において和室を洋室に改修するメリットとは?

和室リフォーム_洋室

次に、和室を洋室に変更するとどのようなメリットがあるのか、入居者の方の視点も入れてまとめてみました。

下記のようなメリットから、空室対策やお部屋の価値をあげるために「和室を洋室にリノベーション」したいと仰るオーナー様が増えています。

メリット1:メンテナンスしやすい

フローリングの床は畳に比べてメンテナンスがしやすいです。

日々の掃除はフローリングワイパーや掃除機などをサクッとかけるだけでOK。水拭きも気兼ねなくできるので、掃除のしづらさがありません。

反対に、畳を敷いた和室はメンテナンスがしづらく畳の隙間の埃やゴミは掃除機だけで取り除けなかったり、何かをこぼした際にはシミがつきやすかったりします。畳には調湿性がある反面、換気を怠るとカビが発生しやすい性質もあります。

これらの理由から「和室の部屋があると退去費用が高くなるかもしれない」などの懸念が入居前から発生してしまいます。

メリット2:家具を配置しやすい/インテリアしやすい

昨今、洋室での使用を想定して設計された家具が多く見られるため、洋室のお部屋は和室に比べてインテリアの幅が広がります。

フローリングの方が畳に比べて家具を動かしやすいため、模様替えが楽だという点も。

大型家具を置く際にも、畳の上であれば凹みや傷みなどが気になりますが、フローリングは重みによる凹みが発生しづらく、大型家具を置いても痕が残りづらいです。

また、和室は他の部屋との調和が取りづらいという側面もあります。住まい全体のインテリアデザインを統一したい場合は洋室の方が好ましいでしょう。

和室から洋室へのリフォーム費用の相場は?

リノベーション_襖_キツタカ

居室の広さやフローリングの種類にもよりますが、6帖前後の居室で10〜15万円ほどの工事費用がかかります。

まず、畳を剥がしてベニヤなどの下地を調整します。この際、床上げ工事の必要があれば施工します。そして最後にフローリングを貼っていきます。

元の襖などが残ったままでは洋室として見栄えがよくないため、その他の内装も整えていきます。

主要な工事を挙げてみます。

  • 壁や天井を洋風にする
  • 床の間やらんまがあれば撤去する
  • 押し入れをクローゼットにし枕棚やハンガーレールを設置
  • 襖を折れ戸や扉などの洋風建具に入れ替える

畳を床に変えるだけではなく、その他の設備も入れ替えていくとそれなりに費用が膨らんで行きます。

もちろん、元の和室の造りや状態にもよりますが、和室を洋室にリノベーションするにはそれなりに費用がかかります。

次の見出しでコストを抑えられるアイテムを一つご紹介します。

費用が気になる時は「リノベーション襖」を検討しよう

「和室を洋室にリノベーションしたいけど、費用が高くて踏み切れない」という方のためにご紹介したいのが、株式会社キツタカのリノベーション襖という商品です。

「リノベーション襖」を使ったリノベーションとは、押し入れをクローゼットに変えたり、洋風建具を入れたりするための大掛かりな工事はせず、襖の張り替えのみで仕上げるため、その分の費用が浮きます。

キツタカのリノベーション襖は、和室にも洋室にも馴染むデザインで、種類も豊富。張り替え費用は一般的な襖と変わりません。

パッと想像しにくいかもしれませんが、フローリングと襖、取手、クロス、照明などの色やパターンを洋室に馴染むようにデザインすると、洋室に襖があっても違和感なくおしゃれに仕上がります(画像参照)。

Before
リノベーション_ビフォーアフター_キツタカ_襖
After

また、流行りの”和モダン”な雰囲気の洋室にすることもでき、デザイン力で物件価値のアップが狙えますよ。

まとめ

今回は、和室を洋室にリノベーションするメリットや、リノベーション費用を抑えたい時に使いたい「リノベーション襖」を紹介いたしました。

「和室を洋室にリノベーションしてお部屋の価値を上げたいけれど、それなりの費用がかかるので踏み切れないとお悩みの方は、リノベーション襖を使って工事費用を抑える方法もありますので、ぜひ一度リフォーム会社にご相談ください。

イメチェンでは賃貸住宅向けの定額制リフォームと中古住宅向けのイメチェンネクストを全国展開しております。

詳細は下記パンフレットに記載しておりますので、ぜひダウンロードをしてご覧ください(スクロール下にございます)。

ご興味をお持ちいただいた方はお気軽にお問い合わせください。

1㎡1万円の定額制リフォーム「イメチェン」に相談してみませんか?

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事ができる一般住宅、賃貸物件向けの定額制のリフォームブランドを全国33店舗で展開しています。

施工エリアの確認だけでも大歓迎

見積もり依頼も大歓迎です!

リフォーム事例満載のパンフレット配布中!

「イメチェン」とは1㎡×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。パンフレット配布中!

定額制リフォーム「イメチェン」施工可能エリア ※詳細はお問い合わせください

北関東エリア群馬県前橋市周辺 / 茨城県の一部
関東エリア埼玉県の一部 / 東京都の一部 / 神奈川県の一部 / 千葉県の一部
中部エリア静岡県静岡市周辺 / 静岡県焼津市周辺 / 愛知県名古屋市周辺 / 愛知県稲沢市周辺
関西エリア大阪府枚方市周辺 / 兵庫県神戸市周辺
九州エリア福岡県福岡市周辺

オンラインリフォーム相談「イメチェンコンシェルジュ」

イメチェンコンシェルジュとはオンライン(GoogleMeet)でリフォームの無料相談が出来るサービスです。

リフォームのプロがあなたのお悩みを解決致します。

60分と限られた時間になりますので、事前に物件詳細(平面図・室内写真)やご希望の工事内容を共有頂ければ、より内容の濃い面談が可能になります。

定額制リフォーム「イメチェン」間取り別リフォーム事例

定額制リフォーム「イメチェン」金額別リフォーム事例

定額制リフォーム「イメチェン」デザイン別リフォーム事例

お部屋をイメチェンされたお客様の声