【脱衣所リフォーム】脱衣所にトイレを設置するメリットとデメリット

リフォーム・リノベーションの教科書, 空室改善コラム

物件を探している方の中には、トイレの形式がどのようなタイプになっているかを気にされる方は少なくありません。

不動産投資物件でも、3点ユニットバスなど設置されている場合に、脱衣所にトイレを設置するようなリフォームやリノベーションを行うケースが増えてきています。

工事をすることで使用しやすくなるようなメリットがある一方で、デメリットもあげられます。

これらのメリットデメリットについて紹介していきます。

 

脱衣所にトイレを設置するメリットとデメリット


不動産投資物件の中には、3点ユニットバスが設置されている物件も数多く存在します。

3点ユニットバスについて特に抵抗なく住まれている方も多い一方で、3点ユニットバスに抵抗感を抱いていて、浴室があるお部屋を希望される方や3点ユニットバスの不人気が理由で空室を抱えている家主の方が多いのも事実存在しています。

3点ユニットバスのリフォームの1つとして、動画でもご紹介しておりますが、3点ユニットバスを解体して、トイレ・洗濯機置き場・洗面化粧台を設置して脱衣所としても利用できる空間に変える方法があります。

脱衣所の中にトイレを置くメリット
① 工事費を安く抑えることができる
② 脱衣所スペースを広く使える

① 工事費を安く抑えることができる

トイレの入口と脱衣所の入口を別けると、扉の枚数が増えます。

また、壁を設ける必要性も出てくるため、脱衣所にトイレを置くことでこれらを省くことができるので工事費は安く抑えることができます。

② 脱衣所スペースを広く使える

トイレ・洗濯機置き場・洗面化粧台それぞれを仕切る壁がないため、スペースとしては広く利用することができます。

 

脱衣所の中にトイレを置くデメリット
① トイレを使っている時にお風呂に入りにくい
② お風呂に入っている時にトイレに入りにくい

脱衣所の中にトイレを置いてしまうことで、トイレやお風呂を利用している時には別の方が利用する際には入りづらくなってしまうことが考えられます。

そのため、このようなリフォームが適しているのは単身者向け物件に向いているとされています。

ファミリー物件で、このようなリフォームをすると生活に支障が出てしまうことが想定されますので、控えておいた方がいいでしょう。

関連記事

まとめ


3点ユニットバスの物件をリフォームしたいと考えられているオーナー様の中でも、工事費用はできるだけ安くしたいと考えられている方も多くいると思います。

そのようなケースで、特に単身者向け物件の場合は、スペースを有効利用できることと合わせて、費用的にも安価に抑えることができますので、参考にしてみてください。

 

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。


お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集

【無料】イメチェンパンフレット配布中

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ賃貸に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です

ダウンロード

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集