【水道DIY】キッチンの壁付け水栓交換の方法について解説!

空室改善コラム

賃貸オーナー様の中には、リフォーム費用を少しでも削減したいと考えられている方も多いと思います。

施行するに当たって、特に資格等が必要のないものについてはオーナー様自ら施行しているようなケースも少なくありません。

今回は、資格が必要なく対応できるモノの中で、キッチンの水栓交換方法について、ご紹介していきます。

YouTubeチャンネルの方でも実際の現場にて、ご説明させていただいておりますので、合わせてご覧ください。

 

キッチンの壁付け水栓の交換方法


水栓の交換については、特に資格等が必要とされていませんので、どなたでも交換方法と交換に必要な道具等をご準備いただければ、施行する事が可能です。

施行方法の流れや注意点についてご紹介していきます。

準備物
・新しく交換する水栓
レバー部などがプラスチック製のモノだと約7〜8千円程度で購入可能
※プラスチック部分は経年と共に変色する恐れもあるため金属製がお勧め
金属製は、約1万円〜
・ウォーターポンププライヤー
専用の工具で、ホームセンターなどで2千円程度で購入可能
・シールテープ
金物部分に隙間があかないように使用、100〜200円程度

施行時の注意点
・水道の元栓を止める
水道が出ないことを確認してから、取り外しを始める

 

施行の流れ(作業の詳細はYouTubeチャンネルをご覧ください)
① 壁付け部分のボルトをウォーターポンププライヤーで時計回りに回す
② 水栓本体を外す
③ 壁付けの付け根部分のパーツを反時計方向に回して外す
※外した際に壁部分の穴にゴミ等がないか確認し、あれば取り除く
④ 新しい付け根部分のパーツに、シールテープを反時計周りに5〜6周巻く
⑤ 壁に取付ける(5周程度回すと固定される)
⑥ 水栓接続部分にパッキンを入れる
⑦ 新しい水栓本体を取り付ける
⑧ 最初に外したボルト部分をプライヤーで回し固定する
⑨ 水道の元栓を戻し、水が出るかを確認する

まとめ


YouTubeチャンネルの方では、実際に交換作業をしながらご説明している動画を配信しておりますので、是非そちらもご覧ください。

リフォーム費用を少しでも抑えたいというオーナー様は、水栓部分であれば特別な資格も必要なく、準備物を用意いただければ施行する事が可能です。
水栓部分が劣化しているような事がありましたら、是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事ができる一般住宅、賃貸物件向けの定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。


お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集

イメチェンお客様インタビュー
「イメチェン」とは1㎡×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。パンフレット配布中!

コスパ重視のリフォームが得意です

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ物件に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です。

【無料】簡単見積もり依頼

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集