家賃を上げるリフォームで気を付けるポイントとは?

賃貸経営をされているオーナー様で、家賃を上げるためにリフォームやリノベーションを検討されている方もいると思います。

リフォームやリノベーションをしたからといって、必ずしも家賃UPが出来るかというとそうともいえません。

しかし、間取りによってはリフォームするポイントに気をつけることで家賃を最大限上げることもできます。

今回は、洗濯機置場の事例をもとに紹介していきます。

是非、YouTubeの動画と合わせてご覧ください。

家賃を最大限上げるリフォームとは?(洗濯機置場編)

今回、動画でご紹介している事例は、リビングに洗濯機置場がある物件になります。

築古の物件で、このような間取りを見る機会はありますが、入居者さんからは人気はありません。

一般的に、洗濯機置場が設置されているのは脱衣所とされています。

お風呂場や洗面所と合わせて洗濯機置場があるというのが、入居者さんにとっても使用しやすい形といえるでしょう。

家賃を最大限上げるためにリフォームやリノベーションを行う場合、このように明らかに入居者に人気がないポイントを改善するということが基本となります。

動画でご紹介しているお部屋では、洗濯機置場の隣が壁を挟んで、トイレ・脱衣所・お風呂場になっています。

そのため、まずは洗濯機置場を脱衣所に移動させることが必要になります。

壁を解体して、洗面化粧台、トイレの位置を変えます。

そうすることで、洗濯機置場を脱衣所に移動させることができます。

このようなリフォームやリノベーションをするとなると、壁を解体して、新たな壁を造作します。

また、給排水の工事をする必要も出てきます。

工事内容によっては、費用的にも高額になるケースもあります。

リフォーム後は、お部屋の中心となるリビングには洗濯機置場もなく、広々と寛げる空間となります。

リフォーム前は、リビングに洗濯機置場があることが不人気のポイントでもあったため、家賃を上げることは厳しい状態でしたが、不人気のポイントを改善することで家賃を上げることも可能となってきます。

まとめ

物件の間取りによって、入居者に人気がないポイントが明確な場合は、そのポイントをリフォームやリノベーションする際のポイントとしましょう。

今回は、リビングに洗濯機置場があるお部屋が事例となっていましたが、リビングに洗濯機置場があるだけで、内見に来られた方も物件の選択肢から外してしまうケースもあります。

工事費用の予算がとれるのであれば、家賃アップにも繋がりますので是非検討してみてください。

1㎡1万円の定額制リフォーム「イメチェン」

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事ができる一般住宅、賃貸物件向けの定額制のリフォームブランドを全国23店舗で展開しています。

施工エリアの確認も大歓迎

リフォーム事例満載のパンフレット配布中!

「イメチェン」とは1㎡×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。パンフレット配布中!

まずはご相談下さい!

定額性リフォーム「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ物件に生まれ変わるリフォーム商品です