【不動産投資】初心者がすべき空室対策とは

空室改善コラム

不動産投資を始めたばかりの方で、所有されている物件の空室が長期化していて、お困りの方もいらっしゃると思います。

不動産投資初心者の方の空室対策として、まずやっておいた方がいい事をご紹介します。

不動産投資 初心者がすべき空室対策とは


不動産経営を行う上で、ご自身が所有されている物件についてどのような状況にあるかを理解し把握しておく事はとても大切です。

物件の家賃設定の適正度や近隣の競合物件と比べての物件力、入居希望者のニーズの把握など賃貸経営をしていく上でこのような情報は必要です。

しかし、不動産投資が初めてという場合は、中々情報収集に苦戦して具体的に何をしていいのかわからず悩まれている方も多くいらっしゃいます。

やっていただきたいことの1つとして不動産仲介業者へのリーシング活動というものがあります。

リーシング活動とは、所有されている物件の概要を仲介業者の営業の方へPRして物件を認知させていく活動のことです。

このリーシング活動を通した営業マンとのコミュニケーションが、賃貸経営をしていく上では非常に勉強になり参考になります。

例えば、お部屋探しをされている入居者さんというのは、インターネットで物件検索をしてから仲介店舗に訪問するというのが主流になっています。

しかしながら、そもそもインターネットに所有されている物件の掲載がなければ、内見の依頼も来る事はありませんし、入居も決まりません。

このインターネットに物件を掲載をしているのは不動産仲介店舗の営業マンになります。

そのため、所有されている物件を営業マンが認知していないと、インターネットにも掲載されないままになってしまいます。

このようなケースはよくある話です。

以上のことから、物件を所有しているオーナー様自らが、仲介店舗に訪問してPRをしっかりと行うことが大切になってきます。

直接訪問が可能な場合は、差入れなどの気配りをすると、コミュニケーションを深めるきっかけとなり営業マンも協力的に対応をしてくれます。

差入れは、立派な菓子折りでもいいのですが、栄養ドリンクや、小腹を埋めるようなパンやカップラーメンなども喜んでいただいたりもします。

不動産仲介店舗の営業マンとのコミュニケーションが深まってくると、把握しておきたい情報が沢山入ってくるようになります。

そして何より、入居希望者さんのニーズだったり考え方を一番理解しているのは、仲介店舗の営業マンですし、物件の空室が長期化している場合などの原因を把握しているのも営業マンさんになります。

そのような情報を直に聴けるのは賃貸経営を行う上でもとてもメリットになります。

まとめ


不動産投資を始めたばかりの方にとって、空室対策を具体的に取り組む事は難しかったりもしますが、仲介店舗へのリーシング活動を通して営業マンとしっかりとコミュニケーションをとることで的確なアドバイスや意見を聴けますし、自分自身の勉強にもなります。

もし、仲介業者へオーナー様が直接訪問が出来ない場合などは、信頼できる管理会社に任せるなどして、営業マンさんと円滑な関係づくりを構築しながら空室対策に取り組むことをオススメします。

定額制リフォーム「イメチェン」とは?
「イメチェン」とは1㎡(床面積)×1万円でデザイナーズ賃貸にイメージチェンジを図る事が出来き、空室改善できる定額制のリフォーム商品です。

価格は「基本料金」「オプション」「諸経費」の3構成からなっており、基本料金は1㎡×1万円と定額です。

設備工事、電気工事はオプション一覧表から必要な分だけ選ぶことが出来るので、その場で工事金額の算出が可能です。

現場調査や見積書作成といった無駄な営業経費を削減した分、安価でコストパフォーマンスの高いリフォーム提案が出来るようになりました。

お見積もりのご連絡お待ちしております。



お薦め記事
リフォーム・リノベーションの教科書

定額制リフォーム「イメチェン」施工事例集

空室改善のノウハウ集

【無料】イメチェンパンフレット配布中

「イメチェン」は1㎡(床面積)×1万円でオシャレなデザイナーズ賃貸に生まれ変わる定額制のリフォーム商品です

ダウンロード

YouTubeにイメチェン事例を多数掲載中!

施工協力店募集

FC加盟店募集